ストーリー

オーダーメイド

story 06

国道2号線沿いの、三角形の土地

DATE

家族構成 ご夫婦+お子様2人
場所 大竹市黒川
敷地面積 152㎡(46坪)
建物面積 116㎡(35坪)
 
 
 

VOICE お客様の声

国道2号線沿いの、三角形の土地

この敷地は細長い三角形なんですが、ナナメの部分がシューズクロークや階段の本棚、トイレなど、表に出ない部分に隠れているので、暮らしの中ではまったく意識しません。 実際、お客さんなどは、三角形と気付かない人も多いくらいです。

さらに、この側面には、同時に「防音壁」としての役割もあるそうなんです。階段や収納など、いずれも「窓」が一切ないんですが、この一面が壁となって、生活空間は、国道沿いとは思えないほど静かです。しかも、天窓などを設けることで、ちゃんと採光は考えられていて、明るさも充分に確保されています。
国道2号線に面した三角形の土地で、「この立地で、まともな家は無理かな」と、ダメ元でプランをお願いしました。しかし、予想に反してあがってきたのは、「これなら、私たちの思い通りに暮らせる!」、そんなワクワクするプランでした。暮らし始めて1年以上が経ちますが、あの時、想像した以上に快適に暮らせています。
(Oさまご夫妻)

ご夫婦と高校生の息子さん、すでに独立されたお姉ちゃん+犬1匹+熱帯魚多数 というO様ご家族。
ご自宅で新聞配達所を営まれているO様宅の、計画道路による立退きといった案件。候補地として上がったのが、元の家から2号線沿いに500Mほど東へ行ったところの細長い3角形の敷地でした。
お仕事上あまり遠いところへ転居もできないことや、明け方にトラックが出入りすることなどを考えると、立地条件は抜群の土地。あとはどんな家がたてれるのか。という問題点だけでした。
気に入っていただける家が完成してよかったです。
(設計:渡辺)

家づくりをお考えの方と出会うタイミングは様々です。土地を購入されてから相談に来られる方。分譲マンションにお住まいで、住み替えをお考えの方。色々な方がおられますが、今回ほど土地の購入を決められる前にご相談いただいて良かったと思ったことはありません。
敷地の形状のこともそうですが、そもそも現状では敷地が道にくっついていませんでしたし、水道管などもどこを通すのかなどといった重要なことが、なにも解決していないまま土地が売りに出されていた状況でした。
実は間取りやデザイン以外にもいろいろ苦労があるのです・・・
(設計:渡辺)

その他のストーリー

まずはお気軽にご相談下さい