家づくりの流れ

リノベーション

リノベーションイメージ

リノベーションの魅力

ライフスタイルに合った住まいがリーズナブルに手に入るリノベーション。物件のいいところをうまく活かして、新築にはない味のある住まいができるのもリノベーションならでは。持ち家の方は、建てた人の想いを引き継げるのも魅力です。

リノベーションの魅力

リノベーションの流れ

リノベーションの流れ

土地/1500万円(50坪) 建物/2000万円 諸費用/200万円の場合の支払いの流れ ▲…ローン ▲…現金

  • 持ち家をリフォームされる方の流れ
  • 物件探しからはじめる方の流れ(リフォームの工程と平行して物件探し、契約などの工程も進めてまいります)

物件探しから
リノベーションをお考えの方は
こちらから

中古マンション・戸建の
物件探しからお考えのお客様
物件探しとリノベーションプランを平行して進めていきます
アクトリーでは中古物件探しや
鑑定のサポートもしています。
購入に悩まれている方も、
まずは気軽にご相談ください。

step 1 お問合せ・ご相談

まずは、お気軽にお問合せ下さい。
オープンハウスやモデルハウス、相談会などイベントへのご参加も大歓迎です。

どんな物件がいいか考えてみよう。

step 2-1 ヒアリング

・どんな物件がいいか

物件を見つけるためには、希望の条件をしっかりとまとめることが大事です。「日当たりがいい」・「子供の学区内」・「駅が近い」など希望条件は沢山あると思いますが、大事なのはその中で妥協できることとそうでないことをしっかりまとめておくことです。できるだけお客様の理想に近い物件を探し出すために、まずはお客様のライフスタイルをしっかりとヒアリングさせていただきます。

ヒアリング
step 2-2 物件探し・資金計画

やっぱり一番気になるのはお金のこと。失敗しないお家づくりには、最終的なお金の着地点をしっかりと共有することが大切です。そのために、ご希望のエリア・条件で理想のお家にするには総額でいくらくらいかかるのか、月々のローンの支払いはいくらくらいになるのかをシミュレーションします。
物件については、アクトリーで探してご紹介させていただきます。 不動産購入やローンの手続きのお手伝いもいたします。

どんなリノベーションか考えてみよう。

step 2-1 ヒアリング

・どんなリノベーションがいいか

「片付けが楽なお家」・「スタイリッシュなお家」・「無垢の床材が使いたい」などお客様によってご要望は様々です。まずはどんな暮らしがしたいのか、今の生活で困っていることなど、どんな小さなことでも構いませんので教えてください。今までの施工例をお見せしたり、お客様の好みのインテリア写真などをお持ちいただき、プランやインテリアのイメージを共有させていただきます。

step 2-2 プランニング・インテリア

ご希望の条件に近い物件が見つかれば、プランを作成の上、ご提案させていただきます。それは、設計やインテリアのイメージを共有させていただき、大まかな費用を理解していただくためです。また、築年数に関わらず物件の劣化状況は様々で、構造によっては壊せない壁が出てくるケースもありますので、中古物件ご購入の前段階の内覧にも同行させていただきます。

プランニング・インテリア
step 3 物件契約・ローン仮審査

ここに住みたいと思える物件が見つかれば、不動産会社へ「購入申込書」を渡し、契約に進んでいきます。それと同時に、金融機関でローンの審査を行っていただきます。
※ 買付証明書:購入価格・手付金・引渡し時期などについて「この条件なら買います」という意思を売り主に伝える書面

  • 物件価格の10%を契約金として支払い(金額については相談可能です)
step 4 金銭消費貸借契約(ローン契約)

審査が通れば、金融機関と金銭消費貸借契約を結びます。借りた金額を消費すること、その借入額+利息分を貸主に返済することを約束する契約です。必要な準備物は不動産会社の担当者から案内があります。

step 5 決済・物件引渡し

物件の買主から売主に売買代金の残金を支払います。金融機関に集まって、振込みで授受するケースがほとんどです。代金授受の完了と同時に、登記申請の手続きを司法書士に委任します。また、鍵の受け渡しも同時に行われます。

  • 物件価格 - 契約金 = 残金がローンによって支払われます。
  • ローンの手続き、物件の仲介料等の諸経費を支払っています。

物件選びのポイント

失敗しないために。中古物件は購入する前に、インスペクションを。

既に完成している中古物件は一戸建てでもマンションでも、見た目だけで判断し辛いものです。購入してリフォームやリノベーションで工事に入って、見えない部分が傷んでいたということもあります。アクトリーでは中古物件探しのサポートだけでなく、中古物件の鑑定する会社をご紹介するなどのサポートもしております。本当に購入していいのか迷っている方は、是非一度、ご相談いただければと思います。

戸建て

中古の戸建物件は築年数に関わらず劣化状況は様々です。 増改築履歴や既存図面との整合性はもちろん、床下環境(シロアリ発生の有無)・家の傾き・断熱状況などを確認し、ご希望の予算でリノベーションに耐えうる物件なのかどうかをチェックします。

マンションの場合

マンションの構造によっては壊せない壁があるケースもありますので、ご希望されるプランが成り立つ物件なのかどうかをチェックする必要があります。また、マンションの管理状況・修繕計画についてもしっかりと情報開示してもらうと安心です。

リノベーション・リフォームの違いは?中古物件購入前にプラン作成も。

リノベーションとリフォームってどう違うの?大まかにいうと、キッチンのみやバスルームのみの修理など傷んだ部分を正常に戻すのをリフォーム。間取りやプランから見直し、一から再生するものをリノベーションと言います。 アクトリーでは、リノベーション住宅推進協議会に加盟しており、物件の状態に適したプランの提案はもちろん、適合リノベーション住宅「R1住宅」を推奨しております。

中古物件の購入からされる場合は、購入前でも気軽にご相談ください。同社では、購入前の物件の状態を見て、プラン提案を行うケースもあります。「この中古マンションをリノベーションしたらどうなるんだろう?」とイメージができず、悩まれている方は、是非、一度プランなどご相談いただければと思います。

物件探しからリノベーションをお考えの方はこちらから

物件を既に購入済み、またはご自宅のリノベーションをお考えのお客様

どんな物件がいいか考えてみよう。

step 6 設計打ち合せ

ご要望をお聞きし、リノベーションのプラン・コーディネートの打合せを進めます。タイルや床材など、実物サンプルで質感を確認していただきます。また、キッチンなどの住設機器は、実際にメーカーショールームで触れていただき、予算とのバランスを見ながら仕様を決めていきます。

step 7 工事請負契約

プラン・インテリアコーディネート・見積り金額にご納得いただけると、アクトリーとの工事請負契約を行っていただきます。ご不明な点や不安な部分がある場合は、ご遠慮なくお聞きください。
※持ち家の方はこのタイミングで住宅ローンの本審査を行っていただきます。

  • 工事金額の10%を契約金として頂きます(金額については相談可能です)
step 8 着工

工事に着手します。工事に際しての管理組合への手続きや近隣挨拶につきましては、アクトリーでさせていただきます。尚、工事の進捗に応じて現場で確認していただくこともございます。

  • 着工時金として工事金額の30%がローンで支払われます。
  • 中間時金として工事金額の30%がローンで支払われます。
step 9 竣工・引渡し

引渡し前にアクトリーにて竣工検査を行い、キズ・汚れの有無などをチェックします。手直し後、引渡し書をもってお客様への引渡しとなります。この際に取扱説明書もお渡しさせていただきますので、大切に保管してください。住宅設備機器などは、メーカーの方に来ていただき説明していただきます。

  • 完成時金として工事金額の30%がローンで支払われます。
  • 火災保険、ローンの手数料等を支払います。
step 10 アフターメンテナンス

アクトリーでは引渡し後、1年目と2年目を定期点検とさせていただき、その後は不具合があればその都度お伺いしております。設備機器に関しては最長10年保証を有償でお申し込みいただけますので、ご希望の方はお尋ねください。

アフターメンテナンス

まずはお気軽にご相談下さい